2010年07月14日

シャープ、スタンダードタイプのLED電球





前の記事、「シャープのCMで紹介しているLED電球」でご紹介したDL-L60AVとは違い、今回はシャープの「普通のLED電球」のご紹介です。

普通の、と表現しましたが、このLED電球は調光器には対応していません。

40W相当と60W相当の2種類があり、それぞれ電球色と昼白色の2タイプあります。

40W相当(消費電力4.1W)・電球色(DL-L401L)
40W相当(消費電力4.1W)・昼白色(DL-L401N)
60W相当(消費電力7.5W)・電球色(DL-L601L)
60W相当(消費電力7.5W)・昼白色(DL-L601N)

以上の4種類ですね。


電気代は、DL-L401だと約11時間使ってもたったの1円!
さらに、1日10時間使用しても10年以上使える(寿命:約40000時間)というのが凄いですね。
しかも日本のトップ企業であるシャープの製品なので、信頼出来ます。

楽天では、ライテックさんが最安値です。

特価品シャープ DL-L401L シャープLED電球 スタンダードモデル 40W相当(E26)【4個以上ご購...

電球色タイプが、40W相当が1779円、60W相当が2475円。
しかも、4個以上まとめて購入すると送料が無料になるんです!

どうせ買うなら、まとめて購入して家中の電球を取り替えたいですね。
タグ:LED電球 Led
posted by 8000 at 14:18| LED電球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LED電球、売れ行き3倍! これからは海外で

http://www.sankeibiz.jp/business/news/100714/bsb1007140843007-n1.htm
長寿命で省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)電球の普及で、電球市場が変化している。民間調査会社によると、大手の商品が出そろった平成21年11月から半年間で、国内の月間販売数量は約3倍に拡大。白熱電球から置き換えが進む一方、寿命の長いLED電球の普及は電球の販売数減少にもつながる。新たな市場として、各社は海外での販売拡大を目指している。



東芝が白熱電球の生産を打ち切るなど、徐々にLED電球をメインとする動きが強まってきているようです。
シャープは明るさや発光効率を業界最高レベルに高めた新商品を8/25に発売。
パナソニックは国内での売り上げ目標を設定し、販売に力を入れるそうです。

品質が安定し、手に入れやすい価格になっていくことを望みます。
posted by 8000 at 14:13| LED電球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。