2010年07月14日

LED電球、売れ行き3倍! これからは海外で

http://www.sankeibiz.jp/business/news/100714/bsb1007140843007-n1.htm
長寿命で省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)電球の普及で、電球市場が変化している。民間調査会社によると、大手の商品が出そろった平成21年11月から半年間で、国内の月間販売数量は約3倍に拡大。白熱電球から置き換えが進む一方、寿命の長いLED電球の普及は電球の販売数減少にもつながる。新たな市場として、各社は海外での販売拡大を目指している。



東芝が白熱電球の生産を打ち切るなど、徐々にLED電球をメインとする動きが強まってきているようです。
シャープは明るさや発光効率を業界最高レベルに高めた新商品を8/25に発売。
パナソニックは国内での売り上げ目標を設定し、販売に力を入れるそうです。

品質が安定し、手に入れやすい価格になっていくことを望みます。
posted by 8000 at 14:13| LED電球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。